Heartful Gift

ネットからまとめて結婚内祝いを注文して労力や時間を節約

人生の節目になる一大イベント

結婚式は祝福だけでなく、両親へのお世話になった気持ちを伝える大切な機会でもあります。思いをしっかり伝えるためにもメッセージとともにプレゼントを贈るカップルも少なくありません。オーダー制をとっている専門店もあり、こだわりを取り入れたプレゼントを用意することができます。

取り扱いのお店は豊富

結婚式

花言葉で相手にアプローチ

プロポーズで相手へ自分の想いをストレートに伝えるためにアレンジメントされた花などギフトも添えてみるとポイントが高いかもしれません。また、花にはそれぞれメッセージが込められています。自分の性格や伝えたいメッセージ、シチュエーションに沿ったものを選ぶことで相手に自然に気持ちを受け止めてもらえるでしょう。

相手に応じたギフト選び

結婚式に来てくれたゲストへ感謝や気遣いの気持ちを伝えられるように、引き出物選びは慎重に時間を掛けて決めておきたいところです。親族や友人、職場の仲間や上司など様々な続柄に分けられますが、それぞれ適したギフトを選んでおく必要があります。費用をはじめ、実用性やデザインなど特徴を把握して候補を選べるように品揃えが豊富なギフト店を見つけておくことが大切です。

実用性が重視されている

センスの効いた個性的なギフトは素敵ですが、日常で使用することが少なそうであれば貰った側は困ってしまうこともあります。そこで重視しておきたい点といったら実用性であり、食器やインテリア雑貨などが挙げられます。多くの人に受け入れられるような流行やブランドにこだわってみるとより喜んでもらえるでしょう。

カタログと現物どっちにする?

相手の好みに合わせられるカタログ

人によって好みは分かれるので、贈り分けは難しいと感じる人は少なくありません。そこで注目されているのがカタログギフトであり、取り扱いの種類が幅広いという点で話題になっています。カタログも金額を指定できるため、続柄ごとに選べてとても便利です。

こだわりを表現するなら現物

ギフトを最初から選んでおくのも新郎新婦の趣向や気遣いを感じることができ、そのほうが嬉しいと思うゲストもいるかもしれません。ブランド食器やおしゃれなお菓子などを選び、ギフトにあったラッピングを施しておくことで開封するまでのワクワク感を与えられるでしょう。

納得のいくギフト選びをするには?

食器を選ぶのはあり?

引き出物や結婚内祝いで選ばれがちな食器ですが、ありきたりなブランドやデザインでなければ喜んでもらえることが多いでしょう。取り扱いのお店は増えつつあり、通販でもチェックができます。相手の趣味や予算に合わせて自由に選べるので、贈り分けをしたいときに迷ってしまうことは少ないでしょう。

避けておきたいギフトは何ですか?

もらって困るものとして挙げられるのは、新郎新婦の趣向が強いアイテムが挙げられます。多くの人に受け入れられるようなアイテム選びが大切ですが、特に夫婦の名前が刻みこまれていると使いづらいと感じる人もいるかもしれません。

贈るうえで知っておきたいマナーは?

結婚内祝いであれば直接渡しにいくか、遠方であれば配送で届けるという方法が選ばれます。なお、結婚祝いのお返しでもある内祝いは迅速な対応が肝心になるため、贈るタイミングがずれこまないよう早めにスケジュールを立てておく必要があるでしょう。

どこで購入をする?

専門店に直接来店しギフトを紹介してもらうほか、最近では通販を介して注文を済ませておくという方法も選ばれています。何よりも空いた時間を利用してアイテムをチェックできるという利便性に優れており、のしやメッセージカードのセレクトなどサービスが充実しているので、納得のいく結婚内祝いや引き出物の準備ができます。

金額をどれくらいにしようか迷います。

引き出物であれば親族や友人、職場関係など続柄によって金額は決まります。結婚内祝いなら貰ったギフトの金額の半分を目安にしておくのがマナーといわれています。これらの認識は地域によって違いがあるとも言われているため、予算を組む前に確認しておきたいポイントでしょう。

相手に合わせて選ぶコツとは?

引き出物や結婚内祝いのギフトを上手く選び分けることで気遣いの気持ちを伝えられます。親族なら絆を感じさせるもの、友人ならユーモアやおしゃれを取り入れる、上司なら趣向に沿ったものや日頃お世話になった気持ちを伝えられるものという風にセレクトすることでとても喜んでもらえるでしょう。

広告募集中